ここから本文です

手倉森ジャパンに新ホットライン 遠藤-興梠-浅野“OA効果”出た

デイリースポーツ 7月26日(火)6時59分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子日本代表は24日、ブラジル北東部アラカジュで直前合宿3日目の調整を行い、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠合流後、初となるゲーム形式の練習で戦術を確認した。

 “OA効果”が早速表れた。主力組のボランチに入ったMF遠藤が自陣から鋭い縦パスを入れると1トップのFW興梠がボールを落とした。トップ下から裏へ抜けたFW浅野が難なくゴールを陥れた。

 新たなホットラインの完成に手倉森誠監督も「(興梠は)一気に裏を突くという、このチームが意識してきたことの質をさらに上げてくれる」と満足げにうなずいた。

 浦和でもチームメートの興梠と遠藤は今合宿でも同部屋。興梠が「(遠藤)航が一番俺の特長を知っている」と信頼を寄せれば、遠藤も「(興梠)慎三さんに当てれば何とかしてくれる感覚」と応えた。OA枠という武器を手にした手倉森ジャパンが、本番へさらに連係を練り上げる。

最終更新:7月26日(火)7時37分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。