ここから本文です

BugLug一聖が退院、“バグの日”フリーライブは4人編成で

音楽ナタリー 7月26日(火)11時3分配信

5月に階段から転倒し、緊急手術を受けたBugLugの一聖(Vo)が退院。今後は通院しながらリハビリ生活を送ることが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

手術直後は意識が完全に回復せず、集中治療室で治療を受けていたという一聖。彼の病状を受けて、BugLugは予定していたライブツアー「Re:GAMBLING JAPAN TOUR『-Encore-』」の開催を延期するなど対応をしていた。

なおバンドは現在、一聖を除いた編成で所属レーベルResistar Recordsのライブツアーに参加中。8月9日の“バグの日”に東京・代々木公園イベント広場野外ステージで開催するフリーライブ「89の日 真夏の野外フリーワンマンライブ『自由~ASOVIVA~区域』」も、一聖以外のメンバーで開催される。一聖を含む形での活動再開時期については、彼の容態を見つつ判断していくとのこと。

89の日 真夏の野外フリーワンマンライブ「自由~ASOVIVA~区域」
2016年8月9日(火)東京都 代々木公園イベント広場野外ステージ

最終更新:7月26日(火)11時3分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。