ここから本文です

【特別映像】ヘレン・ミレン、祝生誕!“ハリウッドに最も嫌われた男”を笑顔で糾弾!?

cinemacafe.net 7月26日(火)18時15分配信

『ローマの休日』『スパルタカス』『ジョニーは戦場へ行った』などで知られる稀代の脚本家ダルトン・トランボの、信念と愛の半生を描いた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が満席続出のヒットスタートを切っている。

【画像】ヘッダ・ホッパーに扮するヘレン・ミレン

本日7月26日は、その本作にも出演する英国が誇る大女優ヘレン・ミレンの71歳の誕生日。これを記念して、ヘレンが演じた“赤狩りの急先鋒”のコラムニスト、ヘッダ・ホッパーの“瞳の奥が怖すぎる”出演シーンの映像がシネマカフェにて解禁となった。

投獄され、ハリウッドから嫌われながらも、固い信念を貫き、いくつもの偽名を使って密かに執筆を続けた脚本家トランボ。その型破りでユーモアに満ちた生き様を体現し、本年度アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたのは、TVシリーズ「ブレイキング・バッド」や『GODZILLA ゴジラ』のブライアン・クランストン。妻役にダイアン・レイン、娘役にはエル・ファニングと実力派俳優が脇を固め、『ミート・ザ・ペアレンツ』のジェイ・ローチ監督がメガホンをとった。

そんな本作から今回解禁となったのは、先日も『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾に出演が決まるなど、70代とは思えぬパワーで活躍を続けるヘレンのパワフル演技が炸裂するシーン。

ヘレン自身にも負けず劣らずのエネルギッシュな威力をもつ、元女優のゴシップコラムニスト、ヘッダ・ホッパー。世論に大きな影響力を持つヘッダは、共産主義を敵とみなし、共産主義に関わったと噂される映画人を次から次へと自身のコラムで暴露、映画界から追放していった。そんな彼女にとって最大の敵が、売れっ子脚本家のトランボだ。

映像では、映画会社社長のルイス・B・メイヤー(リチャード・ボートナウ)とトランボの雇用について話し合うヘッダ。「私はスタジオ経営者だ。私情で従業員を解雇などしない」と主張するメイヤーに、彼女は「じゃあ、私の3500万人の読者に明かそうかしら。裏切者を雇うスタジオの経営者を本名で」と笑顔で脅しかける。また、別のシーンでは、「お独り? 最近どうなの?」と笑顔(でも瞳は笑っていない)でトランボに近づくヘッダ。「隠れて書いた映画をこっそり教えて。有名作はある?」とじりじり追い詰める。そんなヘッダの問いに怯むことなく、飄々と「そうかもな」と答えるトランボの態度が、いっそう彼女を苛立たせることに。


当時、ハリウッドの業界人が最も恐れていたというゴシップコラムニスト。中でもヘッダは大きな権力を持っており、業界人は彼女に従うしか選択はなかったという。彼女のコラムには大勢の読者がついており、彼女が書くことを皆疑うことなく信じていた。彼女はペン1本で国民を先導し、トランボを追い詰めていく。そんな最強の敵にトランボはどう立ち向かっていくのか。ベテラン同士の妙演の激突にも注目してみて。

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』はTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中。

最終更新:7月26日(火)18時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。