ここから本文です

<映画興行成績>「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート

まんたんウェブ 7月26日(火)20時30分配信

 23、24日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)が25日に発表され、人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の劇場版アニメ最新作「ONE PIECE FILM GOLD」が初登場で首位を獲得したことが分かった。前作「Z」に続いて原作者の尾田栄一郎さんが総合プロデューサーを務めた作品で、ゲスト声優として満島ひかりさんや濱田岳さん、菜々緒さんらが参加している。約82万800人を動員し、興行収入は約11億5600万円と好調なスタートとなった。

【写真特集】「ONE PIECE FILM GOLD」の注目シーンを一挙紹介

 2位は、ディズニー/ピクサーの劇場版アニメーションの新作で前週1位の「ファインディング・ドリー」。3位は前週同様、「劇場版ポケットモンスター」の第19作「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」だった。

 初登場作品では、8位に米テレビシリーズ「ゴシップガール」(2007~12年)で注目を浴びたブレイク・ライブリーさん主演の「ロスト・バケーション」がランクイン。また、「ソードアート・オンライン」などでも知られる川原礫さんの人気ライトノベルが原作の劇場版アニメ「アクセル・ワールド-インフィニット・バースト-」も、24スクリーンと小規模公開だったが9位にランクインした。

最終更新:7月26日(火)20時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。