ここから本文です

ゆず、アジアツアー凱旋公演で新曲初披露「遠くからみんなを思ってました」

音楽ナタリー 7月26日(火)11時24分配信

昨日7月25日、ゆずが大阪・Zepp Nambaにてアジアツアー「YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO」の凱旋公演を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

彼らはこのツアーでシンガポール、香港、台湾を巡り、台湾では本番前日に路上ライブも開催して約2000人を動員した。この日の凱旋公演はツアー本編とは異なるセットリストで、「夏色」「栄光の架橋」など18曲を披露。北川悠仁は「できたばかりの新曲をやろうと思います」と話して観客を喜ばせ、「遠くまで旅して、遠くからみんなのことを思っていました。何かあったときは、遠くてもつながっている同じ空を見て、僕たちの音楽を思ってほしい。そんな願いを込めて歌います」という言葉に続いて、この日配信リリースされたばかりの新曲「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」を初披露した。

この凱旋公演は本日7月26日のZepp Namba公演2日目と、8月2日および3日の東京・豊洲PIT公演で終了する。

最終更新:7月26日(火)11時24分

音楽ナタリー