ここから本文です

【ミャンマー】豪社、北西部チン州にワイナリー建設へ

NNA 7月26日(火)8時30分配信

 オーストラリアの大手ワイン製造業者が年内に、ミャンマー北西部チン州の州都ハカにワイナリーを建設する計画だ。チン州政府職員の話を、政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが25日伝えた。
 オーストラリア企業はチン州当局の協力を受け、州内のブドウ産地ティディムやファラムなど9郡区でブドウを栽培し、ハカの醸造所で高品質のワインを製造。国内外に出荷する計画。
 職員は「事業の開始後、オーストラリア企業の名前を公表する」と説明した。現地の雇用創出効果も期待されている。
 国産ワインの産地としては、北東部シャン州が有名。

最終更新:7月26日(火)8時30分

NNA