ここから本文です

マエケンのライバル 週間MVPに選出

東スポWeb 7月26日(火)11時20分配信

 米大リーグ機構は25日(日本時間26日)、週間MVPを発表し、ア・リーグはレッドソックスのハンリー・ラミレス内野手(32)、ナ・リーグはロッキーズの新人、トレバー・ストーリー内野手(23)が選出された。

 ラミレスは21打数7安打、打率3割3分3厘、5本塁打、12打点。20日(同21日)のジャイアンツ戦では右中間、中堅、そして左翼ポール際に3打席連続で2ラン本塁打を放った。オフに体を絞って臨んだ今季、コンバートされた一塁守備では機敏な動きを見せ、打席では凡フライを打ち上げても一塁への全力疾走を怠らない。「試合が終わるまで諦めない」という姿勢は多くの子供たちのお手本だ。

 ストーリーは23打数11安打、打率4割7分8厘、6本塁打、12打点で、開幕第1週に続いて今季2度目だ。レイエス(現メッツ)の代役として開幕スタメンの座をつかむと、そのまま定位置を確保し、前日の時点で打率2割7分7厘、27本塁打、69打点と大活躍。新人王レースでドジャースの前田健太投手(28)をリードしている。

最終更新:7月26日(火)11時29分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報