ここから本文です

自然派化粧品クリオ(Clio)、ルイ・ヴィトングループの投資誘致に成功=韓国

WoW!Korea 7月26日(火)11時14分配信

韓国の自然派化粧品専門会社クリオ(Clio)は25日、LVMH(エルヴェエムアッシュ モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループ系列のプライベート・エクイティ・ファンド、Lキャピタルアジアから5000万ドル(約52億5000万円)規模の投資誘致に成功したことを明らかにした。

 クリオ(Clio)のハン・ヒョノク代表は去る22日、シンガポールでLキャピタルアジアと投資契約の細部内容に合意し、契約書に署名した。クリオ(Clio)は同日、韓国取引所にコスダック市場上場予備審査承認のための請求書を提出し、本格的な企業公開(IPO)準備にも突入した。

 Lキャピタルアジアの韓国企業投資は2014年のYGエンターテインメント以来、クリオ(Clio)が2社目だ。ルイ・ヴィトングループの今回の投資は“Kビューティー”ブームを中心にアジア市長攻略を本格化させようとする意図もある。

 Lキャピタルアジアは投資合意でクリオ(Clio)の企業価値を8100億ウォン(約744億円)に算定し、約7%持分を持つことになる見通しだ。

最終更新:7月26日(火)11時14分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。