ここから本文です

【インバウンドジャパン16】東京ハイヤー・タクシー協会、スマホ配車アプリで訪日外国人の取り込みも狙う

レスポンス 7月26日(火)12時15分配信

東京ハイヤー・タクシー協会は「インバウンドジャパン2016」に現在展開中のタクシー配車アプリ「スマホdeタッくん」を紹介した。これは一番近くにいる空車のタクシーを呼ぶことができるものだ。

「現在、東京都のタクシー会社20社、1万2500台のタクシーが対応しています。このアプリを使えば、1~2分でタクシーの手配ができます。電話で手配するよりも断然早いと思います」と同協会関係者は話す。

操作もいたって簡単だ。アプリを起動し、タクシーを呼びたい場所に地図上のアイコンを合わせるだけ。もちろん住所や対象となる建物名を打ち込んでもいい。すると、GPS情報を元に最適なタクシーを検索し自動的に手配する。

その結果が2分以内にスマホ画面に表示される。そこには、タクシー会社名、無線番号、到着予定時刻などが書かれている。その際、タクシー会社を指定して呼ぶこともできる。タクシー券を使う場合は便利なサービスと言える。

「ここ数年、訪日外国人が急増しているので、その人たちをうまく取り込んでいきたい」と同協会関係者。そのためにスマホdeタッくんの英語版を作製。さらに2020年の東京オリンピック開催までに300人のバイリンガルドライバーを登録していくそうだ。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:7月26日(火)12時15分

レスポンス