ここから本文です

E・マクレガー主演「ファーゴ」シーズン3に「ゴーン・ガール」キャリー・クーン

映画.com 7月26日(火)21時30分配信

 [映画.com ニュース] コーエン兄弟の映画「ファーゴ」(1996)を翻案した米FXネットワークのテレビドラマ「FARGO/ファーゴ」シーズン3に、「ゴーン・ガール」やドラマ「LEFTOVERS/残された世界」で知られる米女優キャリー・クーンの出演が決定した。すでに、同シーズンにはドラマ初出演となるユアン・マクレガーが主演することがわかっている。

 「FARGO/ファーゴ」は、コーエン兄弟の同名映画を下敷きに、小説家・脚本家のノア・ホーリーが企画したオリジナルドラマ。シーズンごとに異なる犯罪を描くアンソロジーシリーズで、シーズン1ではマーティン・フリーマンとビリー・ボブ・ソーントン、シーズン2ではキルステン・ダンスト、パトリック・ウィルソン、ジェシー・プレモンスらが共演した。

 米ハリウッド・レポーターによれば、クーンは、離婚してシングルマザーになったばかりの警察署長グロリア・バーグル役での出演。マクレガーは、ハンサムな不動産王の兄エミットと、不幸な人生を送る保護観察官の弟レイという双子のスタッシー兄弟を一人二役で演じる。クーンは、マクレガーに対する女性の主役という格好になる。

 シーズン3の詳しい内容は明らかにされていないが、今年後半の撮影開始、2017年の放送を予定している。

最終更新:7月26日(火)21時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。