ここから本文です

<ガヴリールドロップアウト>「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ

まんたんウェブ 7月27日(水)0時0分配信

 ダメ天使の自堕落な生活を描いたマンガ「ガヴリールドロップアウト」がテレビアニメ化されることが27日、明らかになった。同日発売の「電撃大王」(KADOKAWA)9月号で発表された。監督の太田雅彦さんと、シリーズ構成のあおしまたかしさん、アニメ制作の動画工房は、アニメ「干物妹(ひもうと)!うまるちゃん」と同じスタッフとなる。

【写真特集】<うまるちゃん>あのアイテムがまさかの商品化!

 「ガヴリールドロップアウト」は、月刊マンガ誌「電撃だいおうじ」で、うかみさんが連載中のマンガ。天使学校を首席で卒業した優等生のガヴリール・ホワイトが、下界で人間の学校に通いながら修業するはずだったのに、ネットゲームに夢中になり、歩くのも面倒くさがるなど自堕落な生活を送る……というコメディー。

 アニメ化を記念して「電撃大王」では同作の第1話を再録連載する。

最終更新:7月27日(水)0時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。