ここから本文です

じゅんいちダビッドソン、アスリートとしてサッカーイベント招かれ喜ぶ

お笑いナタリー 7月26日(火)11時55分配信

昨日7月25日、5人制アマチュアサッカーの大会「アットホーム F5WC 2016-2017」の開催決定発表会が都内で行われ、ゲストのじゅんいちダビッドソン、大会アンバサダーの前園真聖が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「アットホーム F5WC 2016-2017」は、世界大会「F5WC」の日本代表を決める戦い。全国予選を勝ち抜いた30チームと特別推薦のチームを合わせた32チームが2017年2月に東京で行われる決勝へ進出し、同年5月に北京で開催される世界大会への切符を懸けて争う。

前回の「F5WC」では日本代表が世界2位に輝いた。じゅんいちは今年6月の「フィンスイミングワールドカップマスターズ大会」で同じく日本代表として2位となった縁からイベントに登場。「いつもは本田圭佑選手のモノマネ芸人という肩書で呼ばれているので、アスリートとしては初めてです」と喜びを表現した。

さらにじゅんいちはそのフィンスイミング世界大会について「日本は比較的、大会運営の設備がしっかりしている。世界の予選では自分の知らない間にコースが変更されているなんてこともあって」と苦笑いで回想。隣の前園が「世界では予想外なことが起きたとき、いかに冷静に対応できるかも重要ってことですね」と語ると、じゅんいちは「それ、俺が言おうと思ってたのに」と慌てる様子を見せ、取材陣の笑いを誘っていた。

最終更新:7月26日(火)11時55分

お笑いナタリー