ここから本文です

「ノーゲーム・ノーライフ」劇場版製作決定 ねんどろいど「空」が付属する短編小説特装版が12月発売

映画.com 7月26日(火)23時30分配信

 [映画.com ニュース] アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」の劇場版製作が決定した。“吉報”を報せるイラストは、原作者の榎宮祐氏による描き下ろしで、続報は公式サイトなどで随時発表される。

 同作は、MF文庫J(KADOKAWA刊)から刊行中の榎宮氏によるライトノベルが原作。すべてがゲームで決まるという異世界に召喚された天才ゲーマー兄妹・空と白が、絶滅寸前の人類種を救うためにさまざまなゲームに挑み、奇想天外な方法で勝ち抜いていく姿を描く。2014年にはテレビアニメ全12話が放送され、好評を博した。榎宮氏自身がイラストも担当する原作ライトノベルは第8巻まで発売中で、最新第9巻が8月25日に発売される。

 さらに、同作に登場するキャラクター、シンク・ニルヴァレンを主人公とした短編小説「プラクティカルウォーゲーム」と、「ノーゲーム・ノーライフ」テレビシリーズのブルーレイ&DVDの初回生産特典として収録された短編小説を1冊にまとめた「ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム」に、アクションフィギュア「ねんどろいど」の空がセットになった特装版の発売も決定した。全国の書店とカドカワストアでの受注限定生産商品で、価格は5000円(税抜き)。8月1日まで受注中で、発売は12月23日を予定。なお、ねんどろいどの空は、同時期に発売予定の白(税抜き4167円)と並べれば、ねんどろいどで空と白によるコンビ「『  』(くうはく)」が再現できる。

最終更新:7月26日(火)23時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。