ここから本文です

週刊誌FLASHの“謎の聖女”璃子が官能映画で初主演、下着姿の場面写真も解禁

映画ナタリー 7月26日(火)12時0分配信

写真週刊誌FLASHのヌードグラビア連載で“謎の聖女”と称されている璃子が初主演を飾った「好きでもないくせに」が、9月3日より東京のシネ・リーブル池袋ほかにて公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ちょっとかわいいアイアンメイデン」の吉田浩太が監督・脚本を務める「好きでもないくせに」は、昼は売れないモデル、夜はNo.1キャバクラ嬢の沢石琴子を主人公にした官能映画。好きでもない男とはセックスができるが、好きな男とはできない琴子の心情を描く。璃子が体当たりで琴子を演じ、根岸拓哉が琴子と恋に落ちる川野陸に、川村亮介がキャバクラでボーイとして働く剛田元気に扮する。

(c)2016 キングレコード

最終更新:7月26日(火)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。