ここから本文です

KEEL、DALLE等でも活動するryo(Vo)率いるHOLLOWGRAMが新作『WILLS』を発表

エキサイトミュージック 7/26(火) 15:00配信

9GOATS BLACK OUTのフロントマンだったryo(Vo)が中心になり2013年に結成されたHOLLOWGRAM。それぞれ独立したプロジェクトを持ちながら推進するバンドとして2014年より始動した彼らは、「現実にその質量を持たないものを探求し、色彩や情景とともに音、作品に移すことが出来るか」をテーマに活動している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

そのHOLLOWGRAMが、5曲入りミニアルバム『WILLS』を7月27日に発表する。今作は、今年1月にリリースした『MALUS』の関連作。人間の原罪を見つめた『MALUS』に対し、今回の『WILLS』はより広義な解釈の楽曲を集め、「意志」「未来」を謳い、前向きな姿勢を纏う作品になっているという。

HOLLOWGRAMは、9月3日(土)愛知・名古屋ell.SIZE、9月10日(土)大阪・アメリカ村DROP、11月12日(土)神奈川・横浜BAYSISで『WILLS』レコ発ワンマン、2017年1月21日(土)・22日(日)東京・初台DOORSで3周年記念のワンマンライブを開催する。

なお、ryoはKEEL、DALLE、TAGのヴォーカルとしても活動中。KEELは、MIx Speaker's,Inc.、umbrellaとのツアー『MAD MAN'S BLUES』を行い、DALLEは来る7月29日(金)東京・Shibuya VUENOSで4thシングル『Loyalty. EP』の発売を記念した主催イベント『TOKYO DEATH DISCO #5』を開催する。

最終更新:7/27(水) 14:30

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]