ここから本文です

武井咲、5年ぶりの「ほん怖」出演! おばけと奮闘する看護士役に

cinemacafe.net 7月26日(火)19時45分配信

先日、「Sexy zone」の中島健人が登場することが発表された8月放送の「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」。この度、女優・武井咲が本作で主演することが決定。また、バカリズムも本作に初主演することが分かった。

【写真】看護士姿の武井咲

「ほん怖」への出演は2011年の夏以来5年ぶりとなる武井さん。今回武井さんが演じるのは看護師役。病棟を舞台に白い看護師スタイルで大奮闘するという。

出演する作品は「病棟の看取り図」。“見取り図”ではなく“看取り図”というところがポイント。ようやく正規の看護師として病院で働きはじめた武井さん演じる亜由美は、その病院では不可解な音が聞こえるなどの体験をする。ある日、ひとりの小学生の女の子、麻友(豊嶋花)が入院してきた。少女はスケッチブックを抱えこみ、病院内の見取り図を描き始める。この日から亜由美は思いも寄らない恐怖に襲われるのだった…。

撮影中武井さんは、「今日は初めていわば“おばけとの戦い”のシーンだったのですが、わかっていてもびっくりしちゃう。そうそう、前回もこんな風だったと思い出しながら演じていました」と話す。今回は「とてもシンプルな物語だからこそ怖い! 何かが迫ってくる気がするけれど何なのかがわからない。じわじわ迫ってくる怖さがある作品です」と前回の主演作以上に恐怖度がパワーアップしていると話した。今夏武井さんは現在放送中のドラマ「せいせいするほど、愛してる」のヒロインを演じており、さぞ忙しいことと思われるが、「ぜんぜん別物ですから、ちょっとした気分転換になる役を演じられる楽しみを味わっています」とにっこり。

さらに「ほん怖」初主演のバカリズムさんが今回登場するのは「流動する渦」という作品。バカリズムさん演じるしがないサラリーマンの男がある日出会った女性から絵馬を受け取るが、その日から絵馬に関わった人々に災難が降りかかる。

バカリズムさんは「まさか自分がこのシリーズにキャスティングされるとは思いませんでした。『ほんとにあった怖い話』は当たり前のことですが、ほんとうにあったことなので、できるかぎりリアルに演じることを心がけ、視聴者のみなさんに怖がっていただければと思います」とコメント。

そして「誘う沼」という作品には、柳葉敏郎を主演に迎え、亡き妻への思いを抱えながら子どもたちと共に貸別荘にやってきた男性の恐怖体験をお届けするほか、全部で6本のオムニバスドラマが放送される。

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」は8月、フジテレビにて放送予定。

最終更新:7月26日(火)19時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。