ここから本文です

クレしん放送25周年、ヒャダイン新アレンジで「オラはにんきもの」復活

音楽ナタリー 7月26日(火)12時0分配信

テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」で1993年から95年まで使用されていたオープニングテーマ「オラはにんきもの」が、ヒャダインこと前山田健一によるリアレンジバージョンで復活する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

前山田と「クレヨンしんちゃん」のコラボは、同作品のテレビ放送25周年を記念して結実したもの。オリジナル曲は1993年にシングルリリースされ、声優が歌うアニメキャラクター名義のシングルとして史上初のオリコンベスト10入りを果たしている。「オラはにんきもの25th MIX」と題したリアレンジバージョンは8月3日からAmazonプライム・ビデオにて配信されるオリジナル作品「クレヨンしんちゃん外伝 エイリアン vs. しんのすけ」のテーマソングに決定した。

また8月3日に東京・六本木ヒルズアリーナにてテレビ朝日主催イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の一環として行われる「Amazonプライム・ビデオpresents テレビアニメ25周年記念 クレヨンしんちゃんショー」では、「オラはにんきもの25th MIX」が披露される。当日は野原しんのすけ役の矢島晶子、野原ひろし役の藤原啓治、ぶりぶりざえもん役の神谷浩史といった声優陣のほか、前山田も登壇する。

前山田健一 コメント
「『クレヨンしんちゃん』はご存知でしたか?」という質問に対して
もちろんです! 大好きでアニメも観ていましたし、アクションコミックスも何冊か買っていました。原作のちょっと大人向けな内容も好きでした。

しんのすけの好きなところ、好きなギャグ、またそのほか好きなキャラクター、好きなエピソード
しんのすけの自由自在の身体能力が大好きです。あの尻使いはただならない。ほか、売間久里代がしんちゃんにめっためたにやられるエピソードも好きです。

「クレヨンしんちゃん」シリーズの魅力とは
圧倒的なギャグの量と、親子愛と、友情。

アレンジのオファーを受けての心情
大変光栄でした。当時のボーカルファイルをかなり苦労して昔のデータから引き抜いてもらって、発売当時のボーカルで新しいアレンジを作れたので当時アニメを観ていた自分に教えてあげたいなと思いました。

今回アレンジした「オラはにんきもの25th MIX」の感想や聴きどころ
原曲のいいところはそのままに、はちゃめちゃなしんちゃんの世界観と同じくアレンジがコロコロ変わるところを聴いていただきたい。あと、しんちゃんボーカルで当時使っていなかったテイクも使っているのでそこも楽しみにしてください。

視聴者の皆さんに向けて
いつまでも色褪せず爆笑できて感動もできる名作クレヨンしんちゃん、時がたった今観てみると新鮮なことだらけです! ぜひみてみてください!

Amazonプライム・ビデオpresents テレビアニメ25周年記念 クレヨンしんちゃんショー
2016年8月3日(水)東京都 六本木ヒルズアリーナSTART 14:00 / END 14:30(予定)

最終更新:7月26日(火)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。