ここから本文です

BIGBANG、初のドキュメンタリー映画 「BIGBANG MADE」が動員10万人突破

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月26日(火)19時34分配信

7月2日から全国で大ヒット上映中のBIGBANGデビュー10周年記念ドキュメンタリー映画「BIGBANG MADE」が動員10万人を突破する快挙を遂げた。

【詳細】他の写真はこちら

彼らのデビュー10周年を記念し、封切りとなった映画「BIGBANG MADE」は、全世界13ヵ国・地域32都市66公演で約150万人を動員した自身2度目となるワールドツアー『BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE]』の全340日間の記録を収めたBIGBANG初のドキュメンタリーフィルム。

公開に先んじて開催された、韓国での舞台挨拶ライブビューイング付き『BIGBANG MADE~韓国舞台挨拶生中継&先行上映会~』ではチケット申込開始と同時に申込数が準備された席数を遥かに上回り、当初予定していた33館から急遽51館に規模を拡大。10周年映画の封切りに期待を寄せる大勢のファンが劇場に詰めかけ、「舞台裏での努力に驚かされた」「初めて見る5人の姿が満載!」「彼らのファンで良かった」など、ヒットの兆しを感じさせる絶賛の声が多く寄せられた。

公開初日とにも劇場事前予約がスタートすると同時に座席の予約が殺到、公開前にしてソールドアウトとなる映画館が続出し、初週土日のスクリーンアベレージは120万円超を記録。公開を記念して発売された、映画のビハインドストーリーやメンバー5人のインタビュー記事が満載の劇場パンフレットにも公開前から熱い期待が寄せられ、そのあまりの反響に入荷と同時に即完となる劇場が相次いだ。

映画は、公開3週目を迎えてもなおその勢いはとどまるところを知らず、公開3週目以降に新規上映館が多数追加されている。

なお、BIGBANGは、前述のワールドツアーにおける日本ドームツアー『BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN』より、ツアーファイナルの2月24日東京ドーム公演を収録したDVD&Blu-ray「BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN : THE FINAL」がオリコンデイリー総合DVDランキング・Blu-rayランキングの2部門で初登場1位を記録。

そして、いよいよ7月29・30・31日には、大阪・ヤンマースタジアム長居にて、デビュー10周年記念となるスタジアムライブ『BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 IN JAPAN』が開催される。計16万5,000人動員予定のBIGBANG初のスタジアムライブは、本作によって彼らの圧倒的なステージパフォーマンスの裏側を知ったファンにとって、これまで以上に感慨深い3日間となるに違いない。

現在「BIGBANG MADE」公式サイトでは、BIGBANG10周年と映画の公開を記念したキャンペーンを実施中。非売品の劇場ポスターが当たる『MY10YEARS×BIGBANG MEMORY 投稿キャンペーン』、劇場パンフレットが当たる『映画「BIGBANG MADE」感想投稿キャンペーン』に加えて、メンバー全員のサインが入った映画オリジナルTシャツが当たる『劇場来場者限定プレゼント抽選キャンペーン』も受付中だ。

(C)2016 YG ENTERTAINMENT INC.ALL RIGHTS RESERVED.

映画情報
「BIGBANG MADE」 
7月2日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか 全国期間限定公開

映画「BIGBANG MADE」映画サイト
http://bigbang10thmovie-made.jp/

BIGBANG10周年+映画公開記念 キャンペーンページ
http://bigbang10thmovie-made.jp/news/detail.php?id=1038044

BIGBANG OFFICIAL WEBSITE
http://ygex.jp/bigbang/

最終更新:7月26日(火)19時34分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。