ここから本文です

乃木坂46 「『裸足でSummer』は同世代の女の子にも知ってほしい曲」(桜井玲香)/インタビュー1

エキサイトミュージック 7/26(火) 18:00配信

 
■乃木坂46/15th Single『裸足でSummer』インタビュー(1/4)

【この記事の関連画像をもっと見る】

「裸足でSummer」は良い感じに乃木坂らしい夏曲

夏のツアーを控えた乃木坂46の15thシングルは齋藤飛鳥を初センターに迎えたサマーチューン。1年振りに福神に復帰した、夏が大好きだというキャプテン“桜井玲香”に、乃木坂の上半期、そして『裸足でSummer』の印象や初沖縄だったというミュージックビデオの撮影秘話、そして自撮り棒を使ったジャケット撮影について等、話を聞いた。
(取材・文/西沢フミタカ)

私は典型的なひとりっ子タイプ。ファンの人を振り回していると思います

――2016年も半分終わってしまったわけですが、キャプテンとして乃木坂の上半期はどうでしたか?

桜井:毎年、乃木坂46のデビュー日の2月22日にバースデーライブを行なうのが恒例なのですが、今年はいろいろな事情があってできなかったことが私たちとって大きな出来事でした。そこからのスタートになってしまったので、ちょっと戸惑いもありましたね。でも、ライブに代わって46時間テレビ(インターネットで放送)や、なんだかんだ新しいお仕事をやらせてもらったし、最初は不安でしたが、グループ的には良い上半期を過ごせたのでよかったです。


――恒例のバースデーライブがないと、落ち着かないものですか?

桜井:はい。私たちにとって毎回(のバースデーライブ)が区切りというか、節目的なものだったので。そのときはバースデーライブをいつ開催できるかも、どこの会場かもはっきり決まっていなかったので言えなくて。だから余計に「いつまで延ばすんだろう」って、ファンの方もやきもきしていただろうし、私たちもはっきり言葉にできないもどかしさもあって……。でも、今年の夏のツアー最終地である神宮球場でバースデーライブの3デイズが決まったので、待っていただいた分、良い報告ができたと思っています。

――さて、今回のシングル「裸足でSummer」はどんな曲でしょうか?

桜井:最近の乃木坂はけっこうゆったりとした曲が続いていたんですけど、今回は夏曲ということで、ばっちり盛り上がれるような曲が出来たと思います。乃木坂が持つ陰の部分というか、ちょっと落ち着いた面も夏の明るい曲調の中にミックスされていて、良い感じに乃木坂らしい夏曲になりました。センターも新しく(齋藤)飛鳥がなって初の試みだし、(彼女は)今までのセンターが出せなかった雰囲気を纏っている子なので新しい乃木坂を観せられるし、ミュージックビデオもお洒落でかわいらしい感じになっているので、同世代の女の子にもいっぱい知ってほしい曲です。



――まさに夏曲の「裸足でSummer」ですが、桜井さんが「私はこんなときに夏を感じる」瞬間はどんなときでしょう?

桜井:えーっ! なんだろうな? 陽が伸びたなって感じたとき……。私は夏が好きなので、日照時間が長いと嬉しいんです。今って19時とかでも全然明るいじゃないですか?
それが嬉しいというかワクワクして、「夏、最高だな」って。私、寒いのがとても苦手なんです。本っ当にダメで、冬眠したいレベルで嫌です。だから春頃から夏にかけての暖かい時期は、暖かいっていうだけで、テンションがだいぶ違いますね。

――「裸足でSummer」は夏らしい曲ですし、パフォーマンスのテンションも上がるのでは?

桜井:だいぶアガります! 「hey!」ってかけ声がイントロからラストまで、ずっと小刻みに入っているんです。そこがテンションをどんどんどんどんアゲていってくれるし、この部分って、ライブでファンの方がきっと(コールを)入れてきてくれるんじゃないかって。サイリュウムやうちわ、タオルで応援してくださるのが基本なんですけど、「裸足で
Summer」は野外が似合う曲だと思うので、フェスっぽい感じも取り入れたい願望というか、そういうノリも混ぜられたらカッコいいかなって。




――歌詞の中に<そう君にいつも 振り回されて>といった部分がありますが、桜井さん自身は振り回すタイプ? 振り回されるタイプ?

桜井:ファンの人を振り回しているタイプだと思います。私は本当に典型的なひとりっ子タイプ。わがままだし、けっこう自由です。例をあげると、ブログも、あまりマメに更新するタイプじゃないですけど、気が向いたときに、毎日のように更新したくなる時期が年に数回来るんです。その時期が来ると、みんな「なんで玲香、こんなに毎日更新しているの!?」って台風が来るくらいのレベルで言われるんですよ(笑)。ファンのみんなも喜んでくれるんですけど、「でも玲香、わかってるよ。いまは楽しいから更新してるけど、そのうち飽きてくるでしょ?」って、私の性格をすごくわかってくれているから。よくできたファンだなぁ、ありがとうって。

最終更新:7/27(水) 17:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]