ここから本文です

THAADで神経戦か 会議であいさつ交わさず=韓中外相

聯合ニュース 7月26日(火)14時6分配信

【ビエンチャン聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備をめぐって関係がぎくしゃくしている韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と中国の王毅外相が26日、ラオスの首都ビエンチャンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(韓中日)外相会議に出席した。

 両氏は会議であいさつも交わさなかったという。

 両氏は24日、同地で会談を行ったばかり。会談で王外相は「最近の韓国の行動は双方の信頼を損ねた。残念に思う」と表明し、事実上、THAADの配備を中止するよう求めた。

最終更新:7月26日(火)14時11分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。