ここから本文です

韓国外相 北朝鮮問題でASEAN議長国などに協力要請

聯合ニュース 7月26日(火)14時26分配信

【ビエンチャン聯合ニュース】ラオスの首都ビエンチャンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に出席中の韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官はラオスやカンボジア、ブルネイ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポールの外相とそれぞれ個別会談を行い、双方の協力強化や北朝鮮核問題などの地域情勢について意見交換した。

 尹長官は24日、ASEAN議長国を務めるラオスのサルムサイ外相と会談し、ASEAN外相会議を通じ、北朝鮮に国際社会の明確なメッセージを発信できるよう協力を要請した。

 ラオスは北朝鮮に近い国のため、ASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議などで採択される声明に北朝鮮問題で韓国が期待する水準の文言が盛り込まれることは困難との見方が出ている。

 サルムサイ外相は尹長官に対し、国連の加盟国として国連安全保障理事会の決議を誠実に履行していくとの立場を表明した。また、9月のASEAN首脳会議に合わせ、朴槿恵(パク・クネ)大統領がラオスを訪問することに期待していると述べた。

 尹長官は同日、カンボジアのプラク・ソコン外相、ブルネイのリム・ジョクセン第2外相とも個別会談し、ASEAN関連会合で北朝鮮に対し明確で強いメッセージを発信するよう、協力を求めた。プラク・ソコン外相は北朝鮮の核問題について、韓国と緊密に連携するとし、リム・ジョクセン第2外相も国際社会は北朝鮮の核を容認しないとして、積極的に協力する姿勢を示した。

 尹長官は25日にはオーストラリアのビショップ外相、ニュージーランドのマカリー外相、フィリピンのヤサイ外相、シンガポールのバラクリシュナン外相とも相次ぎ会談し、北朝鮮問題をめぐる連携を確認した。

 フィリピンの新政権発足により、先月に就任したヤサイ外相は北朝鮮の挑発に深い懸念を示し、朝鮮半島問題で韓国の立場を積極的に支持する意向を表明した。

最終更新:7月26日(火)15時27分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。