ここから本文です

『ゴースト』西銘駿、『ジュウオウジャー』中尾暢樹の「この星をなめるなよ!」に鳥肌

Movie Walker 7/26(火) 17:57配信

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』と『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』(8月6日公開)の完成披露上映会が7月26日に新宿バルト9で開催され、「仮面ライダーゴースト」「ジュウオウジャー」それぞれのキャストが、互いから受けた刺激を明かした。

【写真を見る】ゴースト&ジュウオウジャー、浴衣姿を披露!歓声飛び交う舞台挨拶の様子

この日は、『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』から西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗、劇場版ゲストの沢村一樹、木村了、諸田敏監督が、『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』からは中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、國島直希、柴崎貴行監督が登壇。キャスト陣は涼しげな浴衣姿を披露した。

仮面ライダーゴースト・タケル役の西銘は「(ジュウオウジャーの映画の)『この星をなめるなよ!』という最後のセリフにすごく鳥肌が立っちゃいました」と告白。するとジュウオウイーグル・大和役の中尾は「この星をなめるなよ!」と生セリフをお見舞いし、会場から大歓声を浴びていた。

一方、ジュウオウイーグル・大和役の中尾は「『ジュウオウジャー』と『ゴースト』って結構雰囲気が違って。『ジュウオウジャー』はコミカルだけれど、『ゴースト』は大人の雰囲気がある。この違いがすごく素敵で。観ていて最後の方は泣けてきた」と語るなど、お互いに大いに刺激を受けあった様子だ。

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』でゲスト出演を果たした沢村は、自分が出ることで“R-指定”がつく可能性があることを心配していたそう。「お子さんがいらっしゃっている。R-指定がつかなかったようでよかった」と安堵の表情を見せて、会場の笑いを誘っていた。

また、変身シーンにもトライした沢村。「みんなの変身を見たら、年季が違う」と若いキャスト陣の勇姿に惚れ惚れ。「久しぶりにプレッシャーを感じた」というが、「かっこよかったですか?」と映画を観た観客に語りかけると、会場からは「かっこよかった!」と大きな拍手が沸き起こっていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:7/26(火) 18:15

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]