ここから本文です

15万円分のAzure利用権付き IoT検証環境をワンセットにした「IoTスターターキット」発売

@IT 7月26日(火)10時57分配信

 ユニアデックスは2016年7月25日、企業向け「IoTスタートキット」の販売を2016年8月1日に開始すると発表した。「IoT(Internet of Things)」システムの構築前に行う評価/検証に必要な製品をパッケージ化した。

【その他の画像】想定されるIoT活用シナリオ

 IoTスタートキットは、5台のアルプス電気製マルチセンサー(1台は予備機)、NTTドコモの3Gネットワークを利用できるぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT EX1」、NTTコミュニケーションズが提供する3Gネットワーク接続サービス「OCNモバイル ONE for Business」(3カ月間の利用権)、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」(15万円分、3カ月間相当)、ユニアデックスのセンサーデータを保存/表示するIoT可視化ソフトウェアの試用版(3カ月間の利用権)を、あらかじめ設定済みの状態で提供するもの。同社が実際にIoTの実証実験やシステム構築で使い、実績のある製品や回線、クラウドサービスを組み合わせた。動作確認後に出荷するため、ユーザーは電源につなぐだけですぐ利用できる。

 IoTスタートキットでは、「加速度」「気圧」「温度」「湿度」「照度」「紫外線情報(UV)」などを取得できるマルチセンサーを備え、最大で3カ月間分のデータを蓄積できる。センサーから「目的のデータを取得できるか」「取得したデータから目的の結果が得られるか」などの検証に使える。

 価格は39万9800円(税別)。今後、複数のパートナーと協力して、さまざまなセンサーやゲートウェイ機器、ネットワーク機器にも対応させる予定だとしている。

最終更新:7月26日(火)10時57分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]