ここから本文です

タチバナロクのラブコメや、猫を不良化する「NYANKEES」エースで新連載

コミックナタリー 7月26日(火)14時32分配信

タチバナロク「また、片想う。」、岡田淳司「NYANKEES」の新連載2本が、本日7月26日発売の月刊少年エース9月号(KADOKAWA)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「また、片想う。」は、友人の男子・野方くんから毎日のように「好きだ」と告白されている少女・清瀬を描くラブストーリー。小学生のころから口癖のように告白をしてくる野方くんのことを、清瀬は自分をからかっているのだと相手にしていない。そんな2人の曖昧な関係が変化していく様を描く。

「NYANKEES」は、町の猫たちを不良として描く擬人化コメディ。とある猫を探してさまよう雄・リューセイが猫鳴町を訪れたことから物語は始まり、野良猫ならではの自由な振る舞いが町のルールを破り抗争へと発展していく。過去に読み切りとして掲載された作品の連載化だ。

なお同号ではテレビアニメ化もされたえすのサカエ「ビッグオーダー」、瀬川はじめ「東京ESP」、井上堅二原作によるまったくモー助「バカとテストと召喚獣」が最終回を迎えた。「ビッグオーダー」は、8月26日発売の10月号にエピローグが掲載される。

最終更新:7月26日(火)14時32分

コミックナタリー