ここから本文です

Googleマップ、道路の輪郭廃除などのデザイン変更でより見やすく 配色も変更

ITmedia Mobile 7月26日(火)12時0分配信

 米Googleは7月25日(現地時間)、Android/iOS/Webアプリ版のGoogleマップを更新し、デザインを見やすく変更したと発表した。

【人工建造物とそれ以外を色分け】

 本稿執筆現在、筆者のAndroid環境では、ニューヨークやサンフランシスコは既に新しいデザインだが、日本はまだのようだ(デスクトップのWebアプリでは日本も対応している)。

道路の輪郭線を廃除

 これまではグレーの線で縁取られていた道路の縁取りがなくなった。これにより、道路上の文字が見やすくなるなど、全体的にすっきりした。また、これまでは細い道はグレイの線だったが白くなった。さらに地名の表示のフォントや文字色も調整している。

近くの活気のある地域をオレンジ色で表示

 地図上の、例えばショッピングセンターやアミューズメント施設など、ユーザーが興味を持ちそうな場所をオレンジ色で表示するようになった。例えば初めて訪れた街の散策に役立ちそうだ。

人工建造物とそれ以外を色分け(配色の刷新)

 例えば米国のハイウェイは濃いオレンジ、フリーウェイは薄いオレンジ、病院や学校などの建物はさらに薄いオレンジに塗り分けた。植生はグリーン系、水は青系で表示している(人工建造物でも公園は緑)。

最終更新:7月26日(火)12時0分

ITmedia Mobile