ここから本文です

常総学院3年ぶり夏切符!ドラフト候補左腕・鈴木昭11K完封

デイリースポーツ 7月26日(火)15時37分配信

 「高校野球・茨城大会決勝、常総学院1-0明秀学園日立」(26日・水戸市民球場)

 2度の全国制覇を誇る常総学院が、投手戦を制して春夏連続の甲子園出場を決めた。

【写真】注目の左腕が6安打完封

 二回2死二塁から、有村恒汰内野手(3年)の右翼線適時二塁打で先制。この1点を、今秋ドラフト候補左腕・鈴木昭汰投手(3年)が6安打無四球完封、11奪三振の快投で守り抜いた。

 今春センバツは、優勝候補の一角に挙げられながら初戦敗退。大きな失望を味わった状態からはい上がった結果に、鈴木昭は「人一倍、甲子園という気持ちが強かった。本当にうれしい」と、心からの笑みをこぼした。

 センバツには2年連続出場中だが、夏の甲子園は3年ぶり16度目。自身初の夏の聖地に臨むエースは「どんな感じなのか、チョー楽しみ」と、声を弾ませた。

最終更新:7月26日(火)16時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。