ここから本文です

THE BLUE HEARTSの楽曲テーマにした短編映画したコメで上映、斎藤工のトークも

映画ナタリー 7月26日(火)16時0分配信

ロックバンドTHE BLUE HEARTSの楽曲をテーマにしたショートフィルム企画「THE BLUE HEARTS ショートフィルムセレクション from ブルーハーツが聴こえる」。このたび同企画の作品を上映するイベントが、9月19日に東京・上野恩賜公園 不忍池水上音楽堂で行われることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、9月16日から19日に上野と浅草で開催される第9回したまちコメディ映画祭in台東の一環として開催される上映イベント。会場では尾野真千子と角田晃広(東京03)らが出演する「ハンマー(48億のブルース)」、市原隼人主演のSF映画「人にやさしく」、斎藤工と要潤が共演した「ラブレター」、優香や新井浩文がキャストに名を連ねる「少年の詩」、永瀬正敏と水原希子による共演作「ジョウネツノバラ」がスクリーンにかけられる。

イベントではトークショーも行われ、斎藤のほか5作品の監督である飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一らが登壇。また齊藤工名義で監督としても活動する斎藤の最新作の制作報告も行われる予定だ。

チケットの一般発売は、8月13日よりチケットぴあにてスタート。そのほか詳細は、後日公式サイトにて発表される。

THE BLUE HEARTS ショートフィルムセレクション in したコメ 齊藤工最新監督作品制作報告会付き特別上映イベント
2016年9月19日(月・祝)東京都 上野恩賜公園 不忍池水上音楽堂開場 16:30 / 開演 17:00(予定)<上映作品>「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「ジョウネツノバラ」<出演者>斎藤工(齊藤工) / 飯塚健 / 下山天 / 井口昇 / 清水崇 / 工藤伸一ほか

最終更新:7月26日(火)16時0分

映画ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。