ここから本文です

ブエノスアイレスから帰国した営団500形、その仲間たちを東京・千葉で見る

レスポンス 7月26日(火)19時45分配信

アルゼンチン・ブエノスアイレスを走っていた営団地下鉄500形が、7月に東京に戻ってきた。この500形と同グループの車両のなかには、海を渡らず東京や千葉で保存されているものもある。

[関連写真]

東京メトロ東西線 葛西駅に併設されている地下鉄博物館には、300形301が保存・展示されている。同館はことし開館30周年をむかえ、銀座線01系車両の保存・展示に加え、7月31日まで記念イベントなどを実施。期間中、来場者に記念冊子「地下鉄博物館30年の歩み」を無料配布するほか、鉄道コレクション「東京地下鉄道1000形・東京高速鉄道100形 2両セット」(Nゲージ、3000円)の同館限定で販売する。

都内の学校に展示されている赤い電車もある。豊島区池袋本町の東京交通短期大学には、500形685が道路に面して置かれている。8月27日にはオープンキャンパスが開かれ、模擬授業、鉄道運転シミュレータ館見学、鉄道模型運転会などが実施される予定。

また、東京都八王子市大横町のコニカミノルタ サイエンスドーム(八王子市こども科学館)には、500形652がいる。「流星号」という行き先表示の652は、8月31日まで車内を公開中。公開時間は10時から16時30分まで。

そして千葉県いすみ市作田の「ポッポの丘」には、400形454が、いすみ鉄道、北陸鉄道、万葉線、銚子電鉄、JR久留里線、千葉モノレールなどの車両たちといっしょにいる。ファームリゾート鶏卵牧場が運営するこの丘では、車両の一部で「鶏卵牧場の庭先たまご」の販売なども行われ、たまごかけごはんも楽しめる。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月26日(火)19時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。