ここから本文です

レアアイテム、ゲットだぜ! 7月30日にお台場で“お宝ガジェット”を売買する「ガジェットフリマ2016夏」開催

ITmedia PC USER 7月26日(火)13時4分配信

 ガジェットとは、目新しい電子小物を指す。これがなかなか罪深い存在で、かつて製品の思想に共感したり、「これは便利そう!」と機能にほれて購入してみたものの、実際に使ったのは最初だけで冬眠中……というのは割とある話。昨今では、「KickStarter」をはじめとするクラウドファンディングサービスが伸びてきたこともあり、中古業者では価値が判断しにくいアイテムも増えてきた。

【画像】前回の様子

 そんな行き場を失ったお宝をトレードするイベントが、「ガジェットフリマ2016夏」だ。7月30日に東京お台場のコワーキングスペースMONOにて、第2回として開催予定だ。2015年12月に開催した第1回は、約60人のガジェット好きとともにPC USERも参戦し、異常な熱気に包まれた会場をレポートしてきた。

 不要になった品々をトレードできるだけでなく、生粋のガジェットファンが集まっているわけで、そのアイテムにまつわるエピソードを濃く語れるのもいいところだろう。今回はステージイベントとして、「我が家のお宝ガジェット自慢LT」も行われる。前回のガジェットフリマでも登壇したGOROman氏やMIRO氏に加えて、アスキー総合研究所の遠藤諭氏らをゲストを招き、ほかの人はなかなか持っていなそうなレア物について自慢してもらうという。

 参加費は出展者が2000円、購入者が1000円で、オンラインにて事前申し込みを受け付け中だ。イベントに参加して、誰かのゴミお宝ガジェットに出会える興奮を再び味わってみてはいかがだろう。

最終更新:7月26日(火)13時4分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]