ここから本文です

鳥取砂丘、「Pokemon GO」自由に遊べる“解放区”に 「街中と違って安全」

ITmedia ニュース 7月26日(火)13時8分配信

 鳥取県は7月26日、位置情報を利用したスマートフォンゲーム「Pokemon GO」を観光誘致に活用しようと、鳥取砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」とすることを発表した。人通りや障害物が少なく安全にゲームを遊べる点をアピールし、「雄大な鳥取砂丘には多くのポケモンたちが暮らし、皆様を待っている」(同県)という。

【画像】3つの掟(おきて)を設定

 鳥取砂丘には、砂の移動を調べるための「調査杭」が100本以上ある。同ゲーム内では、これらの杭が「ポケストップ」という拠点になっており、ネット上では「アイテムを手に入れやすい」などと話題になっている。砂丘は障害物が少なく、交通量も少ないため「街中と違って安全に楽しめる」(同県)という。

 Pokemon GOをめぐっては、「歩きスマホ」など密集地でのプレイにさまざまな課題がある一方、地方ではポケストップやポケモンが少ないとの指摘もある。

 同県は(1)熱中症や事故・けがに注意する、(2)砂丘の生き物や他人に迷惑をかけない、(3)砂丘の景色や昆虫・植物などを楽しむ――というルールを設定。「掟(おきて)を守って(ポケモンを)ゲットしてください」としている。

最終更新:7月26日(火)13時8分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]