ここから本文です

石原慎太郎氏、鳥越氏を「売国奴」と非難…小池氏にも「ウソつき」

デイリースポーツ 7月26日(火)16時46分配信

 元東京都知事の石原慎太郎氏(83)が26日、東京・永田町の自民党本部で行われた、同党の推薦を受けて東京都知事選挙(31日投開票)に立候補している増田寛也候補(64)の各種団体総決起集会に出席。対立候補の鳥越俊太郎氏(76)、小池百合子氏(64)を厳しく批判した。

【写真】増田寛也氏とがっちり握手

 政界を引退してから1年半あまり。それでも“石原節”に陰りは見られなかった。増田氏の応援演説に立った石原氏は、まずは鳥越氏に対して「売国奴だよ、こいつは!」と言い放った。

 石原氏は、鳥越氏が過去にテレビ番組で、尖閣諸島に中国が攻めてきた際の対応について口にした発言を紹介。「『自衛隊が出動したら人が死にますね。そんなことだったら尖閣なんか中国にくれてやったらいい』って言いやがった。こんな馬鹿なこと言うやつが、東京を代表できるかと」と猛非難。さらに「実質的に脱落したみたいだけど」と、最新の世論調査で苦戦が報じられていることにも触れた。

 石原氏の舌鋒は、返す刀で小池氏にも斬りかかった。「もう1人、大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで」と笑わせた後、「あの人はウソつきだと思います」とバッサリ。小池氏が、前回の都知事選から石原氏の応援を受けていたと発言していることを受け、「私が彼女に選挙に出ろと言った、まったくそんな覚えはない。虚言症で困ったもの」と完全否定し、「そこに私の息子がいて、苦労してますが…」と、同席した長男で自民党都連会長の石原伸晃氏(59)を指さしてまた笑いを取った。

 この日は父の慎太郎氏に先がけ、伸晃氏も応援演説を実施。「私は普段、他人の悪口は言わないことにしておりますが、今日は経過を含めて若干、お話しをさせていただかなければならない」と切り出すと、自民党から造反する形で出馬した小池氏を糾弾した。

 まず、小池氏の出馬までの経緯について「私がいないときに推薦依頼を持って来て、またいないときに引き取って行かれた。わがままだと思います」と非難。さらに「政治とお金の問題でいろいろ書かれております」と、一部で報じられた裏金疑惑についても触れた。さらに「推薦届けをお取り下げになられた。その時をもって、そして今日をもって、小池候補は自民党の人間ではないと思っています」と、実質的な“追放宣言”まで行った。

最終更新:7月26日(火)21時36分

デイリースポーツ