ここから本文です

トヨタが悲願の初優勝…都市対抗野球

レスポンス 7月26日(火)21時27分配信

第87回都市対抗野球は7月26日、東京ドームで決勝戦が行われ、トヨタ自動車(豊田市)が日立製作所(日立市)を4対0で下し、18回目の出場で初優勝に輝いた。

[関連写真]

準決勝までの4試合で2失点と、投手力で勝ち進んできたトヨタは、この試合もエースの佐竹功年投手が日立打線に連打を許さず完封した。味方打線は、2回に4番の樺沢健選手が左越のソロホーマーで先取点をあげた後も着実に追加点を重ね、快勝となった。

4回終了時には豊田章男社長が応援団席でゲキを飛ばすなど、一丸となった応援も繰り広げた。桑原大輔監督は「本当に嬉しい。今日の試合は100点だった」と喜びを語った。トヨタの決勝進出は2009年以来2回目。社会人野球の日本選手権は4度の優勝実績があるが、都市対抗は準優勝が最高だった。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:8月29日(月)15時21分

レスポンス