ここから本文です

『ウイニングイレブン 2017』“FC バルセロナ”の選手がもらえるダウンロード版の予約が明日7月27日より開始

ファミ通.com 7月26日(火)20時22分配信

●名門クラブ“FC バルセロナ”とプレミアムパートナー契約を締結
 KONAMIは、2016年9月15日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ウイニングイレブン 2017』について、ダウンロード版の予約受付を明日7月27日より開始することを発表した。

 以下、リリースより。

----------

 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、スペインの名門クラブ「FC バルセロナ」とサッカーゲーム※における
3年間のプレミアムパートナー契約を締結したことをお知らせします。

 ネイマール選手やルイス スアレス選手をはじめ、世界最高レベルのスター選手を多数抱える名門「FC バルセロナ」は、100年以上の歴史を誇りながら、攻撃的で美しい内容を常に追求することで知られる、世界中に愛されているクラブです。
 その姿勢は「ウイニングイレブンシリーズ」をはじめとした弊社コンテンツの目指すところと合致しており、この度の契約に至りました。

 今回の契約締結により、9月15日に発売予定の『ウイニングイレブン 2017』には、最新の3Dフォトスキャンで撮影された「FC バルセロナ」の所属選手のフェイスモデルや、ホームスタジアム「カンプ・ノウ」が搭載、応援歌「イムノ」が収録され、「FC バルセロナ」をリアルに楽しむことができるようになります。
 また、レジェンド(OB選手)、歴代ユニフォームの配信など、ゲーム内外で様々な展開を行いますので、どうぞご期待ください。

 そして、予約するとmyClubで使用できる「FC バルセロナ」の総合値80以上の所属選手がもらえる『ウイニングイレブン 2017』の「ダウンロード版」が明日よりPlayStaton Storeで予約開始となります。
 その他、モバイルゲームとして好評配信中のクラブマネジメントゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー』、有名選手が“実名・実写”で登場する、カードコレクションゲーム『ワールドサッカーコレクションS』でも、「FC バルセロナ」の選手が登場するゲーム内イベントを予定しております。
 決定次第、ご案内しますのでどうぞご期待ください。

※・PS4(R)、PS3(R)向けソフト『ウイニングイレブン2017』(海外名:PES 2017 -Pro Evolution Soccer-)
・モバイルゲームとして配信中のクラブマネジメントゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(海外名:PES CLUB MANAGER)
・モバイルゲームとして配信中のカードコレクションゲーム『ワールドサッカーコレクションS』(海外名:PES COLLECTION)

『ウイニングイレブン 2017』のパッケージデザイン公開>

<『ウイニングイレブン 2017』ダウンロード版の予約特典>
 自分だけの理想のチームを創り対戦できるオンラインモード「myClub」で使用できる「FC バルセロナ」所属選手のうち、メッシ選手、ネイマール選手、ルイス スアレス選手など、総合値80以上の選手から2名を獲得することができます。

<『ウイニングイレブン 2017』myClubスターターパック>
(※ディスク版・ダウンロード版共通)
 「myClub」で使用できる「FC バルセロナ」所属選手のうち、総合値75以上の選手から1名獲得できるスペシャルエージェントと、その他「myClub」で使用できるアイテムが含まれます。
※移籍などにより、対象選手は変更となる可能性がございます。
 その他にも、「早期プレイキャンペーン」には、「myClub」で使用できるアイテムが含まれます。続報にご期待ください。



adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission.
(C) 2016, DFB Copyright FFF
(C) All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license.
(C)Konami Digital Entertainment

最終更新:7月26日(火)20時22分

ファミ通.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。