ここから本文です

「最遊記」シリーズ20周年! 「RELOAD BLAST」アニメ化企画進行中&大原画展開催決定が明かされる

ねとらぼ 7月26日(火)14時53分配信

 7月25日、漫画家の峰倉かずやさんが自身の公式Twitterで「最遊記シリーズ20周年プロジェクト 公式サイト」のプレオープンを告知しました。8月中に正式オープン予定とのことですが、「最遊記RELOAD BLAST」のアニメ化企画が進行中であること、「最遊記FESTA2017~シリーズ大原画展~」の開催が決定したことが既に同サイト上で明かされています。

峰倉かずや先生はTwitterで感謝のメッセージとイラストを公開

 同サイト上ではアニメ「最遊記RELOAD BLAST」のキャストとして関俊彦さん、保志総一朗さん、平田広明さん、石田彰さんの名前が挙げられています。同氏らは以前のテレビアニメ版でそれぞれ玄奘三蔵、孫悟空、沙悟浄、猪八戒を担当した声優です。
 「シリーズ大原画展」の開催日は2017年1月7日・8日で、会場は幕張メッセです。7日には、関さん、保志さん、平田さん、石田さんほかが登壇するステージイベントも行われます。

 また同日、緊急告知として同プロジェクトの開幕を伝えるプロモーションビデオも公開されました。最新情報が分かるだけではなく、玄奘三蔵の録り下ろしボイスも聞けますよ。
 「最遊記」20周年プロジェクトや関連商品に関する情報は、今後も同プロジェクト公式サイトで告知していくとのことです。

最終更新:7月26日(火)14時53分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。