ここから本文です

さんま 雄星結婚した深津アナと食事に 進展はなくラインで「幸せ祈って」

デイリースポーツ 7月26日(火)18時32分配信

 お笑いタレントの明石家さんま(61)が25日深夜に放送されたMBSの「痛快!明石家電視台」(後11・58)に出演し、西武ライオンズの菊池雄星(25)と結婚したフリーの深津瑠美アナウンサー(30)と一度、食事に行ったことを明かした。進展することはなかったという。

【写真】雄星 深津アナの写真を手に結婚報告

 さんまは深津アナに2年前から注目していたそうで、「あのこは岡山のこで。その時から美人アナで有名だったの」などと詳しく述べた。番組はテロップで、深津アナは岡山放送に入社後10カ月で退社し、フリーになったと注釈を加えた。

 さんまは「ご飯に1回行ってるねん。無理からね」と暗く沈んだ声と表情で打ち明けた。

 隣に座ったお笑いコンビのロザンから「進展は?」と聞かれると、さんまは「あったら言ってないやろ、いま」とこの時も暗い声で語った。「結婚しますってライン来たもん。菊池雄星くんと。いつまでも幸せを祈ってくださいとかわいらしい。何でやねんて思いながら」と菊池に奪われて悔しい表情をにじませつつ、「いま、ちょっと幸せ祈ってあげてる」と笑った。

 番組側は深津アナについて、「深津さんはスポーツ選手との交流は避けていた。菊池は食事を2年間断られ続けた。昨年末にようやく実現し、意気投合。交際から7カ月で結婚」などと2人について報告した。

最終更新:7月26日(火)19時47分

デイリースポーツ