ここから本文です

阪神・藤川が日米通算1000奪三振 金本監督「やはり球児だ」

東スポWeb 7月26日(火)23時0分配信

 阪神・藤川球児投手(36)が26日のヤクルト戦(甲子園)で8回に2番手で登板。大引から空振り三振を奪い、日米通算1000奪三振をマークした。

「ほとんどが首脳陣と30歳を超えた人たちと一緒にやってきて残した数字です。金本監督、矢野コーチとも(記録を)共有できてよかったです。(リリーフにとって)三振は重要。自分には(アウトを奪う手段が)三振しかない」

 ゴメスの決勝2ランで今季4勝目も転がり込んできたが、これで6月28日のDeNA戦以来、8試合連続無失点と絶好調だ。

 金本監督も「バレンティンから三振(1001個目)を取った球はすばらしい。(相手が)真っすぐを待っていて、その中で空振りが取れるのはやはり球児だ」と絶賛した。

最終更新:7月26日(火)23時0分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)