ここから本文です

アダム・ドライバー主演のヴェネツィア映画祭2冠スリラーなど、ガツンとくる4本上映

映画ナタリー 7月26日(火)19時0分配信

「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに実施される上映企画の第3弾「ワールド・エクストリーム・シネマ2016」の開催が決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このたび上映されるのは、韓国、カナダ、フランス、イタリアから集められた一癖も二癖もある4作品。1925年の朝鮮半島を舞台に、山の神と恐れられる獰猛な虎を巡る戦いを描いたチェ・ミンシクと大杉漣の共演作「隻眼の虎」のほか、戦地アフガニスタン・カンダハルで過酷な任務に就くカナダ軍兵士の姿を映し出した戦争アクション「ハイエナ・ロード」、「フランス特殊部隊GIGN ~エールフランス8969便ハイジャック事件~」のジュリアン・ルクレールが監督を務め、武装強盗団とギャングの攻防を追う「ザ・クルー」などのアクション作品が続く。

さらに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のアダム・ドライバーと「夏をゆく人々」のアルバ・ロルヴァケルが子供の育て方ですれ違いを見せる夫婦を演じ、第71回ヴェネツィア国際映画祭で男優賞と女優賞を獲得したサスペンス「ハングリー・ハーツ」もラインナップに並んだ。

この4作品すべてを鑑賞した人には、限定海外ビジュアルチラシを贈呈する「ワールド・エクストリーム・チラシ キャンペーン」も実施。各作品の上映スケジュールは後日発表予定だ。「ワールド・エクストリーム・シネマ2016」は10月1日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催。その後、大阪のシネ・リーブル梅田ほか全国にて順次実施される。

最終更新:7月26日(火)19時0分

映画ナタリー