ここから本文です

「ベイビィ★LOVE」1巻復刻版がCookieに、次号には番外編を掲載

コミックナタリー 7月26日(火)19時24分配信

本日7月26日に発売されたCookie9月号(集英社)では、椎名あゆみ「三日月と流れ星」が表紙と巻頭カラーで登場。また椎名の「ベイビィ★LOVE」1巻の復刻版が付属している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ベイビィ★LOVE」は大人びた小学6年生のせあらが、片想いの相手・柊平を振り向かせるために彼の家に居候をする年の差ラブストーリー。1990年代にりぼん(集英社)にて連載され、2015年には同誌の創刊60周年を記念した読み切り「ベイビィ★LOVE ー10 years afterー」が発表された。なお9月26日発売の次号Cookie11月号には、「ベイビィ★LOVE」番外編が新作として掲載される。

また今号では田辺真由美のエッセイ「まゆみ!! 2016~再婚~」が始動。田辺が過去にりぼんにて連載していた「まゆみ!」のキャラクター・ボーバーとナアさんも登場する。そのほか、小藤まつの新連載「チル、チル、ミチル。」もスタートした。なお次号11月号には、彩花みん「赤ずきんチャチャ」1巻の復刻版が付録として付く。

最終更新:7月26日(火)19時24分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。