ここから本文です

FiNC、リストバンド型活動量計メーカーのFitbitと提携を発表

ITmedia ヘルスケア 7月26日(火)17時33分配信

 ヘルスケアベンチャーであるFiNCは7月26日、リストバンド型活動量計メーカーであるFitbitと提携することを発表した。Fitbitの公開APIからデータを取得し、FiNCのサービスと連携することで、最適な心身の健康状態を保つための習慣を身につけることをサポートするという。

【FitbitデバイスのデータがFiNCのサービスで使える】

 具体的には、Fitbitのデバイスから取得した睡眠、心拍、歩数などのデータが、自動的にFiNCのアプリに転送されるようになる。FiNCサービスのユーザーは、今までは自ら睡眠や食事などのデータ入力をする必要があったが、これによってその手間をなくし、健康に対する取り組みの継続率を上げるということだ。

 サービス開始日は8月1日で、デバイス側は「Fitbit Blaze」と「Fitbit Charge HR」、サービス側は「FiNCプラス」「FiNCダイエット家庭教師」「FiNCウェルネス家庭教師」「ボディデザインプログラム」が連携に対応する。

 また、この発表と同時に、特定非営利活動法人TABLE FOR TWOとの取り組みとして、発展途上国への寄付につながる新たなプロジェクト「ONE POUND SAVES ONE CHILD」プログラムの開始を発表した。

 このプログラムは、FiNCプラスを導入している企業の従業員が、導入開始から2カ月間の体重変化を測定する。その間に減量した分を1ポンド=20円として換算し、FiNCが途上国へ寄付するというものだ。寄付金はTABLE FOR TWOを通じ、発展途上国の給食支援プログラムへ寄付される。

最終更新:7月26日(火)17時33分

ITmedia ヘルスケア