ここから本文です

タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に

コミックナタリー 7月26日(火)20時7分配信

劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」を南十字明日菜がコミカライズした「胸キュン▽ワンモアジャンプ」(▽はハートマーク)。今作の出張版が、発売中のザ花とゆめ9月1日号(白泉社)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「胸キュン▽ワンモアジャンプ」はWebマンガサイト・花LaLa onlineにて連載中。出張版では少女マンガに触発されたエーデルローズの生徒たちが、次々と女子をときめかせるプリズムジャンプを決める姿が描かれている。少女マンガ描写の甘酸っぱさに耐えられない香賀美タイガが、「男のプライドメンチ華火」と称するジャンプを跳ぶさまは必見だ。また今号には「KING OF PRISM by PrettyRhythm」のポストカードブックが付属している。

さらに今号では花とゆめ(白泉社)にて短期連載されていた千歳四季「蒼竜の側用人」の本格連載がスタート。王宮に棲む竜にしてアズファレオの国王・ユリウスと、彼の世話をする巫女のルクルのラブストーリーが紡がれていく。このほか有川浩「植物図鑑」のコミカライズを手がけた堤翔の新連載「失った子供たち」が開幕。今作はロストチャイルドと呼ばれる、記憶を操作された子供が存在する未来を舞台にしたSF作品だ。

最終更新:7月26日(火)20時7分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。