ここから本文です

新生「スパイダーマン」2017年夏に日本公開、コミコンで悪役ヴァルチャー初披露

映画ナタリー 7月26日(火)20時7分配信

「スパイダーマン」シリーズ最新作「スパイダーマン:ホームカミング」が、2017年夏に日本公開されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アメリカ現地時間7月24日までサンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルでは、現在撮影真っただ中の本作より主人公ピーター・パーカー役のトム・ホランドと監督のジョン・ワッツらが登壇。コミコン初参加のホランドは、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」にスパイダーマンとして出演したときのセリフと同じく「やあ、みんな!(Hi, everyone!)」と挨拶して約6000人ものファンを熱狂させた。

イベントでは本編映像の一部を初解禁。主人公ピーター・パーカーが15歳の少年であること、彼の高校時代の物語が描かれることが明かされ、さらに敵であるヴァルチャーの姿を収めたコンセプトアートの初披露も。

作品について、トムは「これが『スパイダーマン』の映画だとは感じていないんだ。なぜなら、キャストのみんなはとても仲良しで、なんだか学園ものを撮っているような雰囲気なんだ。それでいて、スケールの大きさや、スパイダーマンや悪役を見ると、すべてがとてもエキサイティングだ。あの素晴らしいキャストのみんなといることができて本当にうれしい。言葉が出ない。もう本当に言葉が出ないよ!」と興奮気味にコメント。終盤にはゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタランも登壇し、終始盛り上がりを見せたプレゼンテーションとなった。

最終更新:7月26日(火)20時7分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。