ここから本文です

ソフトバンク・武田が今季初完投初完封 2年連続の2桁星

デイリースポーツ 7月26日(火)21時10分配信

 「楽天0-6ソフトバンク」(26日、コボスタ宮城)

 ソフトバンクが2連勝。先発・武田は9回4安打無失点の今季初完投初完封で2年連続の2桁勝利となる10勝目(4敗)を挙げ、リーグ・トップに並んだ。

 初回1死二、三塁から内川の中前適時打で2点を先制。二回は1死一塁から鶴岡の右中間適時二塁打で1点を追加。七回は1死一、三塁から鶴岡がスクイズを決めて1点。九回は2死満塁から本多の適時打と柳田の押し出し四球で2点を追加した。

 昨年6月4日の交流戦・DeNA戦以来となる完封勝利に、武田はヒーローインタビューで「最後まで投げられて良かった。野手の皆さんに感謝したい。(2桁勝利は)コーチの人やいろんな人にアドバイスをいただき、自分自身も考えることがたくさんある。毎日課題をクリアできるようにしています。チームはいい形で勝てたので、自分はもっと勝ちを積み上げられるように頑張ります」と語った。

 楽天は連敗。先発・塩見が6回7安打3失点で6敗目(5勝)。

最終更新:7月26日(火)21時44分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報