ここから本文です

日本ハム・メンドーサが7勝目 大谷は猛打賞

デイリースポーツ 7月26日(火)21時15分配信

 「西武1-4日本ハム」(26日、西武プリンスドーム)

 日本ハムは先発・メンドーサが6回3安打1失点で7勝目(4敗)を挙げた。

 二回2死一、二塁から大野の左線適時二塁打で1点を先制。四回は先頭・中田と続く大谷の連続二塁打で1点を追加。八回はレアードが左中間へ26号ソロ。九回は陽岱鋼の犠飛で1点を追加。「5番・DH」でフル出場の大谷は適時二塁打を含む3安打猛打賞だった。

 メンドーサはヒーローインタビューで、「今日は守備でも攻撃でもチームメートに助けられた。特に奨太(大野)にはいいゲームプランをしてもらった。厳しいイニングが続いたが、打ち取るピッチングを心掛けた。相手のエース級・岸投手に勝てたのは大きい」などと語った。

 西武は2連敗。0-2の四回1死三塁から中村の中前適時打で1点。先発・岸は6回7安打2失点で5敗目(4勝)。

最終更新:7月26日(火)21時29分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]