ここから本文です

沢田研二 古希のライブは武道館も

デイリースポーツ 7月26日(火)21時20分配信

 歌手の沢田研二(68)が26日、東京国際フォーラムで1967年にタイガースでデビューしてから継続している全国ツアーをスタートさせた。

【写真】口に含んだ水を霧状に吹くジュリー

 沢田は来年デビュー50周年、再来年には古希を迎える。還暦の年には東京ドームで記念ライブを行っているが、5000人のファンに「(古希に)東京ドームは無理やろ」と呼びかけると大きな拍手が起こり「やれって?せいぜい武道館やろ」と日本武道館での記念公演の可能性を示唆した。

 ライブではオープニングの「ポラロイドGIRL」からステージを走りまくり、跳ねまくり。久々にステージで歌唱したヒット曲「渚のラブレター」、「コバルトの季節の中で」に加え、3月11日発売の新曲など全23曲を熱唱した。

最終更新:7月26日(火)23時12分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。