ここから本文です

阪神・金本監督、甲子園での連敗7で止めるも苦笑い「ホント、すいません」

デイリースポーツ 7月26日(火)23時50分配信

 「阪神5-3ヤクルト」(26日・甲子園球場)

 阪神がゴメスの決勝弾でヤクルトに競り勝ち、2連勝。甲子園球場での連敗を「7」で止めた。

 主砲の待望の一発に、金本監督は試合後のインタビューで「ゴメスが打つと、やっぱり点は入りますね。これで、本人がテンション上げて乗っていってほしいですね」と安どの表情を浮かべた。

 3点のビハインドをはね返しての勝利。24日の広島戦に続く2試合連続の逆転勝ちとあって、「何とかあきらめずに食らいついていって、逆転勝ち。これは大きいですね」と粘りをみせたチームを評価した。

 甲子園球場での連敗を7で止めたことを問われると、「ホント、すいません」と苦笑い。「まだまだ本来のチームとしての各自の役割というか、自分たちの野球というのが、今年まだ一回もできてないですから。若い選手も多いですけど、やっぱり主力が活躍して。きょうみたいにゴメスが打って、藤浪が投げて、メッセが投げてという、自分たちの形を何とかつくっていきたい」と巻き返しを誓っていた。

最終更新:7月26日(火)23時52分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。