ここから本文です

アーバンギャルド×青山裕企の写真詩集「スクールガール・トラウマ」刊行

音楽ナタリー 7月26日(火)22時0分配信

アーバンギャルドと写真家の青山裕企がコラボレーションした写真詩集「スクールガール・トラウマ」が8月19日に刊行される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは青山が手がけてきた写真集「スクールガール・コンプレックス」シリーズのフェティッシュな視点をそのままに、アーバンギャルド松永天馬(Vo)が書き下ろした詩と、青山が撮影したセーラー服姿の浜崎容子(Vo)の写真が収められた作品。2013年11月に行われたイベント「すこしふしぎフェス」にて作品の一部が公開されてから2年9カ月越しに書籍化が実現した。

本作は、8月5日に東京・UNITで開催される藤井隆とアーバンギャルドのツーマンイベント「ご安心ください vol.1」の会場にて先行発売されることが決定。アーバンギャルドのオフィシャルサイトでは本日7月26日より予約の受付がスタートし、ここで購入すると特典としてアーバンギャルドによる朗読CDが付属する。また写真集発売記念イベントも予定されており、詳細は出版レーベル「3時0時」の公式Twitter(@3ji_0ji)にて後日アナウンスされる。

最終更新:7月26日(火)22時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。