ここから本文です

黒沢清の海外進出作「ダゲレオタイプの女」トロント国際映画祭に出品

映画ナタリー 7月26日(火)23時0分配信

黒沢清監督作「ダゲレオタイプの女」が、現地時間9月8日よりカナダで開催される第41回トロント国際映画祭のプラットフォーム部門に正式出品されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

全編フランス語で撮影された本作は、1839年に発明された写真撮影法・ダゲレオタイプを軸に、写真家ステファン、その娘マリー、ステファンのアシスタントであるジャンが繰り広げる悲劇を描くホラーラブロマンス。主人公ジャンを「預言者」のタハール・ラヒム、ジャンが思いを寄せるマリーを「女っ気なし」のコンスタンス・ルソー、ステファンをダルデンヌ兄弟の作品で知られるオリヴィエ・グルメが演じる。

今回の正式出品決定について、黒沢は「日本人の撮ったフランス映画が、カナダのトロントでプレミア上映される、何と痛快なことでしょう。映画はこうして、いとも簡単に国境を越えて行くんですね」とコメント。トロント国際映画祭のアーティスティックディレクターであるキャメロン・ベイリーは「なんて愛おしい映画なんだ! 美しく考え抜かれている。ジャンル映画であり、映画の歴史への讃歌であり、そしてまぎれもない黒沢清作品だ」と語っている。なお同映画祭には黒沢とキャストが参加する予定。

「ダゲレオタイプの女」は10月15日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で公開される。

※記事初出時より、出品部門に変更がありました。



(c)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

最終更新:8月16日(火)12時35分

映画ナタリー