ここから本文です

【MLB】レンジャーズ、E.ボルケスに興味 フィリーズの24歳右腕獲得も視野に

ISM 7月26日(火)15時28分配信

 テキサス・レンジャーズが現地25日、カンザスシティ・ロイヤルズの先発右腕エディンソン・ボルケス投手の獲得に興味を示していることが分かった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが同日に伝えている。

 レンジャースは現在、右腕コルビー・ルイスと左腕デレク・ホランドの両先発投手が故障者リスト(DL)入りしており、ダルビッシュ有は5月に復帰してからわずか5試合に先発したのみとなっている。レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは、今季終了後にフリーエージェントとなる選手の獲得は避けたいとの意向を示しているが、同サイトは現在58勝42敗でア・リーグ西地区首位を走るチームにとって、信頼できる先発投手の加入はプラスになるだろうとしている。

 33歳のボルケスは今季、ここまで21試合の先発登板で8勝8敗、防御率4.56。来季については選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,000万ドル(約10億5,000万円)のオプション、または300万ドル(約3億1,400万円)のバイアウトとなっている。

 また、レンジャーズはフィラデルフィア・フィリーズのビンセント・バラスケス投手の獲得も視野に入れているもよう。今季はここまで8勝2敗、防御率3.34の好成績を残しているが、24歳の右腕の獲得はボルケス以上の見返りが必要になると『NBCスポーツ』は伝えている。

最終更新:7月26日(火)17時40分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。