ここから本文です

妻夫木聡、初の父親役「いつかは自分の子どもを持ちたい」

オリコン 7月26日(火)15時0分配信

 俳優の妻夫木聡が26日、東京・渋谷のNHKで自身が主演する単発ドラマ『キッドナップ・ツアー』(8月2日 後7:30)の試写会に出席。小学5年生の娘を持つ父親役に初挑戦した妻夫木は、「いつかは自分の子どもを持ちたいと思っているし、そういう奇跡が巡ってきたらうれしいなと思います」と自然に湧いてきた感情を改めて言葉にしていた。

【写真】本当の親子のよう…仲睦まじく見つめ合う妻夫木&豊嶋

 同ドラマは、人気作家・角田光代氏の小説が原作。お金なし、仕事なしで妻子と別居中の父タカシが、妻キョウコ(木南晴夏)との“取引”を成立させるため、娘のハルを“ユウカイ”。父娘で一緒に“旅”をしながら、それまで気づかなかったお互いのことを知り、成長していく物語。

 父親の自覚に乏しく頼りない男を熱演した妻夫木は「子ども持ったことがないので想像がつかない部分もあったんですが、父親ということを意識せずに、むしろ違和感があったほうがいいという演出方針だったので、変に気を使わずに作品に入っていけた」と振り返った。

 ハルを演じた子役の豊嶋花には、「お父さん役はお笑い芸人さんか、個性派の面白い俳優さんかと思っていたので、妻夫木さんと聞いてびっくりしました。すてき過ぎるんじゃないかって」と持ち上げられ、「台本あるの?」とニッコニコ。次に、「妻夫木さんからタカシのイメージがわかなった」と落とされても、「すいませんでした」と言いながらも顔はゆるみっぱなし。最後に、「撮影が始まったら、すばらしく情けなくだらしないタカシになったのですごいと思いました」とほめられると、デレデレの笑顔を見せていた。

 旅の途中で出会うさまざまな人たちとの出来事や会話も見どころで、夏帆、新井浩文、ムロツヨシ、八千草薫らが出演する。妻夫木は印象に残っているシーンに「タカシの元恋人とハルが話しているシーン」を挙げ、「ハルがもしこの人とお父さんが結婚していたら自分は生まれていなかったんだなって思うところが印象深くて、僕の中では泣けてきちゃう」。元恋人・のりちゃんは満島ひかりが演じているが、「ひかりちゃんとは兄妹役ばかりやっていて、初めての元恋人役(笑)。元彼としても見てくれるんだという安心感がありました」と言って笑わせていた。

 試写会には、原作者の角田氏、脚本・演出を手がけた映画監督の岸善幸氏も同席した。

最終更新:7月26日(火)15時13分

オリコン