ここから本文です

20回目を開催したフジロック、総延べ入場者数200万人を突破

BARKS 7月26日(火)20時29分配信

7月22日(金)・23日(土)・24日(日)に新潟県 湯沢町 苗場スキー場にて<FUJI ROCK FESTIVAL '16>が無事に開催され、FRF事務局より終了報告がなされた。

今回のフジロックは、ソールドアウトした23日(土)・24(日)を含む4日間(前夜祭込)総じて非常に天気に恵まれた。なお来場者数に関しては、7月21日の(木)前夜祭は15,000人、本祭初日の7月22日(金)は30,000人、7月23日(土)は40,000人、最終日7月24(日)は40,000人、延べ125,000人が訪れたようだ。こうして20回目を終えたフジロックの総延べ入場者数は、200万人を突破した旨も報告された。

今春より、“フジロックが20年愛され続ける理由”の検証特集を展開してきたBARKSでは、もちろんこの3日間のレポートを近日公開予定だ。

また、退場ゲートには“SEE YOU IN 2017!! 7/28fri.29sat.30sun”の文字が掲げられたように、来年2017年の7月28日(金)29日(土)30日(日)に21回目のフジロックが開催されることが決定している。


<FUJI ROCK FESTIVAL'16>
2016年7月22日(金)23日(土)24日(日)
@新潟県 湯沢町 苗場スキー場

最終更新:7月26日(火)20時29分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。